医療用ウィッグの役割

抗がん剤医療用ウィッグという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
芸能人が自身の病気や病状を公表することが多くなったことで、医療用ウィッグの存在も多くの人に知られるようになりました。

医療用ウィッグとは、抗がん剤治療の副作用による脱毛や、その他の病気、ケガ、ストレスなどによって起こる脱毛のケアとして使用されます

医療用のウィッグは、普通のおしゃれ用のウィッグとは仕様が少し異なります。医療用のウィッグは、治療や薬で敏感になっている頭皮でも安心して着用できるような素材選びや縫製の工夫が施されています。他にも、がんの治療中などは、頭皮や毛髪に変化がおこりがちです。そういった変化にも対応して調整ができ、機能性のある医療用ウィッグならではの特徴と言えるでしょう。

最近では、医療用ウィッグにもオシャレで楽しむウィッグのようなさまざまなスタイルを楽しめるものが増えてきました。髪色も黒だけでなく、自然なブラウンやパーマヘアなど、バリエーションも豊かです。

ウィッグといえば、比較的年齢層が高めを想像する人もいるかもしれません。医療用ウィッグは対応している年齢層も幅広いものです。多くの人が自信を取り戻し、おシャレを楽しむ心を取り戻すことをサポートしてくれるアイテムです。

ここでは、医療用ウィッグがどのようにしてできているのか医療用ウィッグの選び方など、これから利用しようと思っている人に役立つ情報をご紹介します。

Pocket

Published by